【人とコミュニケーションを 取るのって億劫ですか?こわいですか?】 

とっても明るく面白く、いつも元気で
魅力的な女性。

自分で仕事を始めて、
セミナーを開催している。

 

一緒にいて楽しいのだけど、
今ひとつ、本音がわからないところがあった。

その人と一緒に
ゆっくり話す機会があったのだけど、
その時に

どうしてもう一歩、
人に入り込まないところが
あるのかを話してくれた。

何か頼みごとをしたり、
本音を言ったりするのは
なんか悪いなーって思って。

そう言うので、
聞いてみた。

「もし、人にお願いって言われたら
どう思う?」

「嬉しい。」

自分が嬉しいと思ったら、
相手はどう思うと思う?

「あ、嬉しいと思う。」

じゃあ、お願いしてみたら
相談してみたら
嬉しいんじゃないのかな?

人に本音で相談したり、頼んだりするのは
悪いっていうより、実は

断られたら…とか、
こちらが下手に回るのは…という
プライドが先に立ってはいないだろうか。

だから

自分でやった方が楽。

となるのです。

なんでも自分でやろう、とか、
人に本心を話したり、
お願いをする(弱みを見せること、と思ってしまう)のは恥ずかしい、こわい、
のは、
実はどこかで面倒くさい、とか、
逃げ、とか、そういう気持ちが
あるのではないだろうか。

一人で仕事をする人は
一人で動けるだけのことで終わっては
それ以上の成長には限りがある。

人と繋がり、コミュニケーションを
広げることで、その成長は無限大になる。

お願い下手は
自分で自分のキャパを狭め、
間違いにも気づかず、
つまずきを乗り越えることが辛く、
スピードも落ちる。

仲間のチカラを借りれる人は
辛いことも乗り越え、励まされ、
手伝ってももらえる。

人に頼むのは悪い、ではなく、
本当はこわい、面倒くさい、と
逃げているのではないだろうか?

冒頭で話した彼女は

何かに気づき、

大きなチャレンジをするから
私に手伝ってくれないか、

と言ってくれた。

めちゃめちゃ嬉しかったけど、
私自身、ミセスジャパンや自身の
プロジェクトを始めているので
残念ながら一緒に参加することは
出来なかった。

でも、自分が何かを始めるときみたいに
高揚し、
出来る限り相談に乗り、
励まし、
心から応援をしたいと思った。

気づきを得て
前向きなチャレンジを始めた彼女は
もう既に新しいステージに立っている。

人に本音でコミュニケーションをとること、

これは
人の成長のためにも
仕事のためにも

最も大きなチカラになるのではないか、
と、思う。

そういう私は、3年前、
コミュニケーションが取れなくて
会社を逃げ出した。

起業したのは
一人でやりたい、一人で出来る、と
思ったからだ。

その後、一人で空回りし、
合わないセミナーを受けまくり、
回り回った。

そして….

気がつけば、周りに助けられて
今がある。

仲間の力がなかったら

私の思い上がったモノは
ただの自己満足、
自己承認欲求解消でしかなく、
当然仕事は成り立たなかったに違いない。

今は
たくさんの仲間に助けられ、
素敵な先生、素敵な先輩に教えられ、
その人たちにもらったものを
何倍にもして
必要な誰かに送っていきたい、と願う。

仕事も
人から人への恩送り、で
作られるのだと思うのです。

……………………………………….
WE CAN 倶楽部(会員募集!)

今までにやれなかったこと、諦めてきたこと、
我慢してきたことや、やってこなかったことを
新たに始めるきっかけ、場所として再スタートを切る人たちの夢実現を応援する倶楽部です。

そして、その活動を支える
「健康管理」「予防医学」「生涯美容」を学び、
実践していきます。

Follow me!