キレイを保つための身体の基本のキとは③

 

【足首を動かす大切さ】

前回のブログ、②では、足裏は大事、ということを知りました。でも実は、知っただけではキレイになりません。

なーんだ、そんなこと、くらいの話だったかもしれませんが、

やるかやらないか

が大きな差、になっていくのです。

alternative-medicine-1327808_1920-1024x680.jpg

テレビを見ていても、LINEしていても”気付いてやる”ことが大事なんです。

小さなことの積み重ね、です。

気をつけよう、と思っていると、気づく時間や回数が増えていきます。

そして、最初面倒、大変!などと思ってたことがだんだん”当たり前”になっていきます。

そしてそれが、”自然”になっていくんです。

正しい姿勢、歩き方はまさにそうです。

『キレイを癖つける」です。

image1-2-のコピー-1024x904.jpeg

私は最初ウオーキングを習い始めた当時、

こんなに顔を上げたら前が見えない!

こんなにお腹に力入れたら息吸えない

などと思っていましたが、今、それが”自然”になってきたのです。

生まれ持った美貌もスタイルがなくても手に入れられるんです。

長くなってしまいましたが・・・

昨日やれた人は自分を褒めてあげてくださいね。一つ、キレイに近づけたね。と。

やれなかった人も全然大丈夫!

一人で左右の足でじゃんけんもできます。

これ、結構難しい(笑)頭も使います。

でも効果抜群なのでやってきてくださいね。

今日の講座は”足首を動かす”です。

地味なタイトルですね・・・でも、足裏同様、大事なお話です。

ヒールを履いている人、正しい歩き方ができてない人は歩くときに足首が動かせていません。

歩くときに足首が動いているってとても大事なんですが、動かさないので、そもそも硬くなっている人が多い。

足を伸ばして座ったときに、足のつま先を天井に向け、足首を直角に曲げて座れますか?

意外とできない方が多い.

使わないと硬くなるんです。

IMG_3228-767x1024.jpg

  

IMG_3229-767x1024.jpg

屈伸運動をすると、屈んだときにかかとがつかない人もそうです。足首が硬いとどうなのか・・・。

歩くときに足首がしっかり伸び縮みすることで

ここがポンプの役割をします。

すなわちこの伸び縮みで血流を良くし、足先まで血の流れが良くなるのです。

外を歩くウオーキングをする方でも足首をを意識して歩くと全然違います。

ウオーキングで家では昨日の足裏を動かす、と同じように使うかはレッスンでしっかり学べますが、足首を伸ばす、曲げる、を繰り返したり、ぐるぐる回したり、これも何かやりながらできることです。

パソコン仕事の合間にやれるとリフレッシュにもなりますし、血流が良くなるのにとても効果的。眠気覚まし、目や肩こり回復にも、実は足先からやるのも有効です。

こういうのはどんどん習慣化できるといいですね。あ、一気にやりすぎると足つりますのでお気をつけください。

無理せずに少しづつ進めてくださいね。

今日の復習

Q  血の流れを良くするのに良いのは

1. 足首の曲げ伸ばし

2.足首を固定すること

どっちでしょう?簡単ですね!

ありがとうございました。

Follow me!