「治す」の違い

トレーニング
(筋トレ、有酸素運動などのジムトレ)は
表面の身体を作ったり、
筋力アップ
心肺能力アップ、血流アップ
ダイエットやボディメイクに効果的。
そして頭や気分もスッキリする
メンタル効果もあります。

身体をより健康に保つ
生きる上での運動機能を改善、
維持、向上させる、
という効果を挙げるものは
先に書いたトレーニングとは
実は少し違います。

私が本業として伝えたいのは
運動機能のほうです。
(トレーニングジムではトレーニングも
やっていますが)
こちらの方は
まだまだ知られていない部分であり、
身体が痛かったり、不調が出れば
医者や整体に行く、というのが
今一般的ではありますが、

とりあえず”楽に”なる
とりあえず”生活出来る”のと

機能を上げて回復させる、というのは
別物で、

こちらを伝える役目を担うものは
まだまだ少ない、と思います。

だから
人は”自分で治す”という感覚がありません。

自分で治すことが出来る、とも
思ってないかもしれません

間違ってはいけないのは、

お医者さんに「治してもらう」のは
病気の症状。
私たちが求めるのは「元の元気な自分」。

健康な自分を取り戻す、または維持するのは自分でしかないのです。

それをサポートするのが
私の仕事だと思っています。

私自身は微力で限界がありますが、

世の中の
意識を変えていくことで
私たちのような「治すサポート」が増え、結果、
一人一人が健康を自発的に維持、
治していくことが出来るようになると思い、その信念のもとに活動していきます。